神於山保全くらぶ団体概要

岸和田市のほぼ中心に位置する神於山は、大阪湾に流れ込む春木川の源流部であり、「神の於わす山」として古くから人々と関わりの歴史をもち、薪の採取などを通して里山として人々の生活に結びついた身近な自然として親しまれ、大切にされてきました。しかし、近年生活様式や産業構造の変化などにより人々が山を利用しなくなり、放置竹林やゴミの不法投棄などが目立ち、荒廃が進んでいる状況でした。

 このような現状のもと、市民による里山保全活動及び里山資源の活用の実践を通し、人々が関わり続けることによって成り立ってきた多様な生き物が生息する里山の自然環境を維持し、現在の人々の生活に応じた新しい里山の価値をあきらかにし、人々が関わり続けるシステムを作り出すことが必要であると考えられます。

 特定非営利活動法人「神於山保全くらぶ」は、人々と里山のつながりを回復し里山文化の継続発展を図り、里山を「緑の財産」として保全し、次世代に継承していくことを目的として、市民が里山保全活動に対する理解を深め、活動の担い手となって、持続・継続できる新しい里山システムを作り出すことを目指して活動していきます。また、子供達にも里山体験活動や環境教育を通して生物多様性の意義を学ぶ機会を提供し、地域住民との交流を促進して、自然と共にある地域作りに寄与したいと考えています。

園路の階段づくり
園路の階段づくり
団体名 特定非営利活動法人 神於山保全くらぶ
所在地 大阪府 岸和田市 阿間滝町 1276番地
メールアドレス

info@kounoyama-hozenclub.com

代表者 相良 長昭
会員数 約90名
設立 2012年4月
主な事業内容 ・里山環境の保全
・子供の健全育成
・まちづくりの推進
・同じ趣旨を持つ団体の助言・支援
ラヂオ きしわだ
ラヂオ きしわだ
Mapion